天然水に含まれるミネラル成分とは?主成分や必須ミネラルを摂取する重要性について解説 | 《公式》オーケンウォーター

天然水に含まれるミネラル成分とは?主成分や必須ミネラルを摂取する重要性について解説

  • 2024年1月19日
    • お役立ちコラム
天然水に含まれるミネラル成分とは?主成分や必須ミネラルを摂取する重要性について解説
天然水のミネラル成分とは?主成分や必須ミネラルの重要性について解説!

本文の内容をまとめた動画です。ぜひご覧ください。

月3,000円台で実現する天然水ウォーターサーバーの「オーケンウォーター」

オシャレなウォーターサーバーがレンタル無料!費用は天然水の料金だけ!新鮮で美味しい天然水をお届けします。

「健康に良い天然水」、「新鮮で美味しい天然水」といった宣伝文句を聞いたことがあり、”天然水”に良いイメージをもっているという方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際に自分が天然水を購入するとなると、含有されたミネラル成分について詳しく知った上で、自分に合った天然水の購入を検討したいと思いますよね。

採水地によってミネラル成分は変わりますが、代表的なものを挙げると下記の通りです。

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ナトリウム
  • リン
  • カリウム

この記事では、「ミネラル成分」とは何か、ミネラル成分ごとの特徴、有名採水地ごとに含まれるミネラル成分、必要となるミネラルの摂取量について解説します。

また、なぜオーケンウォーターの天然水が、他のウォーターサーバーや市販の天然水と比べておすすめなのかについても紹介します。

天然水に含まれているミネラル成分の謎を解き明かして、自宅で飲む飲料水として天然水を購入すべきかどうか、ゆっくりと検討してみましょう。

【大前提】そもそもミネラル成分ってなに

ミネラル成分とは?

そもそも「ミネラル成分」とは、 人間の体を構成する基本的な四元素(酸素・水素・炭素・窒素)以外のものの総称です。また、人間の健康的な生活を支える五大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル)の内の一つにも数えられます。

生活習慣病にかからずに、健康的に暮らしていくために必要な栄養素です。

代表的なミネラル成分には、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・リン・カリウム・亜鉛などが挙げられます。それぞれのミネラル成分には適正な摂取量があり、摂り過ぎても体に悪く、全く摂らなくても体に悪いという性質を持っているのが特徴です。

厚生労働省が公表している『日本人の食事摂取基準(2020年)』には、ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リンが「多量ミネラル」として掲載されています。

これらのミネラル成分は、「多めに摂取するべきミネラル」としてガイドラインで定められていることから、天然水などで積極的に摂取すべきミネラルだといえるのです。

出典:厚生労働省|『日本人の食事摂取基準(2020年)』

水道水に含まれるミネラル成分

水道水の水は、厚生労働省が定める51項目に及ぶ水質基準項目・基準値をクリアした水で、大腸菌や鉛、水銀、ヒ素などの有毒物質が検出されないように浄水されています。

出典:厚生労働省|水質基準項目と基準値(51項目)

そんな水道水には、カルシウムやナトリウム、カリウム、マグネシウムといったミネラル成分が含有されています。ただし、浄水のために添加された微量の塩素も含まれており、人によっては水道水の風味が苦手だと感じる要因にもなっているのです。

天然水に含まれるミネラル成分

天然水には、カルシウムやナトリウム、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。地下深くから採水されたミネラル豊富な水は、水道水よりもミネラル成分が多いです。

天然水は、採水後の処理方法によってナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターという別々の種類の水に区分されます。

前者は採水後にろ過・加熱殺菌をしているため、ミネラル成分が少なくなるのが一般的です。その一方で、後者は地下水をそのまま汲み上げているのでミネラル成分が豊富です。

ミネラルウォーターに含まれるミネラル成分

ミネラルウォーターとは、ナチュラルミネラルウォーターの別名です。

水を汲み上げたままの状態でボトリングするので、カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウムなどが豊富で、ミネラル成分を意識的に摂取したい方におすすめの水となっています。

天然水に含まれるミネラル成分の特徴とは

天然水に含まれるミネラル成分の特徴とは

天然水に含まれているミネラル成分には、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。
この章では、ミネラル成分ごとの特徴や活用方法について確認してみましょう。

ちなみに、水の種類ごと、水源ごとのミネラル成分の違いについては、オーケンウォーターの公式YouTubeチャンネルでも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

天然水には種類がある?天然水とミネラルウォーターの違いも知りたい

カルシウム:丈夫な歯や骨を作る

カルシウムは魚介類や海藻類、乳製品、ナッツ類に含まれ、骨や歯などの骨格形成を助け、筋肉・血液の出血を予防する効果をもっています。
カルシウムが不足すると、骨が成長せず、骨密度がへってしまい、結果的に骨粗しょう症になってしまうこともあります。

成長過程にある小さな子どもや閉経後の女性など、成長過程にある若年層や高齢者がカルシウム不足におちいると、骨折などの怪我を負ってしまうリスクが高いです。

カルシウム豊富な食べ物や天然水を摂取して、骨密度を維持することが大切です。

ナトリウム:適正な水分量を保つ

ナトリウムは食塩やしょうゆ、味噌などに含まれ、筋肉の収縮や神経伝達、体内の水分バランスの調節などの役割を担っています。
しばしば過剰摂取が問題になるナトリウムは、摂りすぎると血圧上昇やむくみの原因になってしまうのが特徴です。

ただし、天然水でナトリウムを少量ずつ摂取すれば、ナトリウムの過剰摂取による健康被害を抑えつつ、身体機能の改善に役立てられるでしょう。

マグネシウム:タンパク質を合成する

マグネシウムは、海藻類や魚介類、豆類などに豊富に含まれる栄養素です。たんぱく質を合成し、筋肉や神経の機能を改善し、体温・血圧を調整する機能があります。
マグネシウムが不足すると骨形成に問題を起こし、さらに神経過敏などの症状があらわれることも。

ただし、マグネシウムは人間の体内にある腎臓から生成されるので、摂取できなくても不足するケースは少ないでしょう。

その反対に、サプリなどで追加摂取をしていると、マグネシウムの摂り過ぎで下痢気味になってしまうことがあるので注意が必要です。

リン:細胞・骨格の形成に役立つ

リンは、魚介類や乳製品、卵などに含まれ、カルシウムと同様に、骨格形成に必要な栄養素。

加工食品に多く含まれており、過剰摂取が続くとホルモン分泌に影響を与え、カルシウムの吸収を妨げるといったような、マイナスの効果がある点に注意したいです。

カリウム:塩分の摂りすぎを抑える

カリウムは、海藻類や豆類、芋類に含まれ、摂り過ぎたナトリウムを体外に排出する役割があります。

日常生活でカリウムが不足するケースはレアですが、嘔吐や下痢が続くと水分と一緒にカリウムも体外に排出され、脱水症状を引き起こすケースもあるでしょう。

体調不良時に備えて、カリウムと水分を摂取できる天然水やスポーツ飲料を常備しておくことで、脱水症状からくる体の怠さから早く回復できるはずです。

ミネラル成分が豊富な国内の有名採水地

ミネラル成分が豊富な国内の有名採水地

水資源が豊かな日本には、いくつか有名な採水地があります。
この章では、有名採水地3カ所をピックアップして、それぞれの水の特徴について見ていきましょう。

山梨富士山の麓は日本一の採水量を誇る

山梨県には富士山麓や南アルプスなど、国内でも有数の採水量を誇る採水地があることで有名。

自然の花崗岩によってろ過されたまろやかな口当たりの水が特徴です。

富士山麓の天然水の美味しさ、ミネラル成分については、下記でも紹介しています。

大分日田の水はゲルマニウムやシリカが豊富

大分県の日田天領は、阿蘇山や大重山などの山々に囲まれた、自然豊かな土地です。

約9,400年前に生まれた岩盤層に帯水した水で、ゲルマニウムやシリカなど、希少なミネラル成分が豊富に含まれており、国内の中でも高い人気を誇っています。

日田天領水の効果と特徴については、下記でも紹介しています。

鳥取県・兵庫県の水はミネラル豊富で美味しい

鳥取県・兵庫県もミネラル成分が豊富な美味しい水が採れる地域として有名です。

鳥取県の水は広大なブナ林でろ過された栄養価が高い水が特徴で、兵庫県の水は花崗岩によってろ過され、六甲山の麓にたまったミネラル豊富な水が特徴だといえます。

ミネラルの摂取は必須?

ミネラルの摂取は必須?

適量のミネラル成分を摂取することは、健康的な身体を作る上で重要です。とくに必須ミネラルと呼ばれる「ナトリウムやマグネシウム、カリウム、カルシウム」といった成分は、積極的に摂取しないと、倦怠感や体調不良を引き起こすリスクがあります。

ただし、摂取しすぎると、健康を害する恐れのあるミネラル成分もあるのが事実です。体に必要なミネラル成分と最適な摂取量を確認しましょう。

ミネラル不足で起こる症状

ミネラルが不足してくると、イライラ感が募り、貧血や低体温症、脱水症状などの症状が引き起こされるリスクが上がってしまいます。
そうは言っても、どのようにミネラル成分を摂取すればいいのかわからないという方も多いでしょう。

ミネラル補給に有効活用したいミネラルウォーターの飲み方は、下記で紹介しています。

ミネラルを効率的に摂取するならオーケンウォーター!

ミネラルを効率的に摂取するならオーケンウォーター!

必要なミネラルを食事やサプリから摂取するのは難しいので、ミネラル成分が豊富な天然水を飲めるオーケンウォーターのウォーターサーバーがおすすめです。

オーケンウォーターの天然水には、3つの魅力があります。
この章では、オーケンウォーターをおすすめする理由について詳しく見ていきましょう。

おすすめポイント1.ミネラル成分豊富な天然水が飲める

オーケンウォーターの天然水は、富士山麓・京都丹波・大分日田の採水地で採れた新鮮な水で、採水から48時間以内にお客様の自宅まで送り届けます。

送料無料で新鮮な天然水を飲めるので、美味しい天然水を日々の生活に取り入れたい方におすすめです。

おすすめポイント2.安全性が高く、新鮮な水を飲める

オーケンウォーターでは、2ヶ月毎に天然水の放射能検査をしており、オーケンウォーター放射能の検査結果にて、水の安全性をいつでも確認できます。

前述したように、採水から48時間以内に自宅に届くので、安心して美味しい水を飲めるのが魅力です。

おすすめポイント3.手頃な料金体系が魅力

オーケンウォーターのウォーターサーバーは、手軽な料金体系が魅力です。

おトクプラン 普通プラン キッズプラン
料金 3,800円〜 4,082円〜 2,548円〜
契約年数 3年 2年 5年
配送本数 2本〜 2本〜 2本〜

料金は水代のみで、送料やサーバーレンタル代は料金に含まれています。

契約年数が長ければ長いほど、月々の水代は安くなる料金体系です。

契約年数を検討して、おトクに安心・安全の天然水を注文してみてはいかがでしょうか?

ウォーターサーバーでミネラル成分を効果的に摂取しよう!

ウォーターサーバーでミネラル成分を効果的に摂取しよう!

ミネラル成分は、健康的な生活を送るのに必要な五大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル)にも数えられ、人間の生活になくてはならないものです。

代表的なミネラル成分には、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・リン・カリウムなどがあり、飲食物から摂取することが求められます。

これらのミネラル成分は、骨組織の生成や筋肉、血液、神経の働きをサポートする栄養素であり、推奨量を摂取することで、健康的な身体を目指すことができるでしょう。

ただし、食事で足りないミネラルを摂取するのは難しい場合もあるので、ミネラルが豊富な天然水を日常生活に取り入れることで、効率的にミネラルを摂取するのが理想です。

オーケンウォーターの天然水なら、採水されて48時間以内の新鮮で美味しい水が自宅に届き、その上、利用料金もリーズナブルな点が魅力です。

天然水からミネラル成分を効果的に摂取したいという方は、ぜひ一度オーケンウォーターの公式ページから、お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

当社スタッフが、お客様の疑問に一つ一つ丁寧にお答えします。

ライター

O-ken・暮らしと天然水編集部
O-ken・暮らしと天然水編集部

【監修者:近藤宏之】 ウォーターサーバー業界13年。コールセンター部門・法人営業部門・メンテナンス部門の責任者を経て2023年取締役社長に就任。業界13年の知見と経験を元に、お客様に役立つ情報を分かりやすく発信しています。 安全で安心、鮮度の高い美味しい天然水をお届けするオーケンウォーターの宅配水。 暮らしと天然水編集部では、お客様にウォーターサーバーのある便利な暮らしや、天然水の活用方法、知っておきたい豆知識などをわかりやすく発信していきます。 ウォーターサーバーでお悩み・お困りの時は、お気軽にお問合せ下さい。

月3,000円台で実現する天然水ウォーターサーバーの「オーケンウォーター」

オシャレなウォーターサーバーがレンタル無料!費用は天然水の料金だけ!新鮮で美味しい天然水をお届けします。

乗り換えキャンペーン