浄水型ウォーターサーバーは後悔する?メリットやデメリット、失敗しない4つの選び方をご紹介 | 《公式》オーケンウォーター

浄水型ウォーターサーバーは後悔する?メリットやデメリット、失敗しない4つの選び方をご紹介

  • 2023年12月23日
    • お役立ちコラム
浄水型ウォーターサーバーは後悔する?メリットやデメリット、失敗しない4つの選び方をご紹介
月3,000円台で実現する天然水ウォーターサーバーの「オーケンウォーター」

オシャレなウォーターサーバーがレンタル無料!費用は天然水の料金だけ!新鮮で美味しい天然水をお届けします。

「浄水型ウォーターサーバーを利用するメリットやデメリットが知りたい」「浄水型や宅配型のサーバーを比較する際のポイントが知りたい」と考えている方も多いでしょう。

浄水型ウォーターサーバーは水道水をそのまま利用でき、水が使い放題でボトル交換の手間がかからない点が魅力ですが、水質やフィルター交換の手間などに問題があります。

この記事を読めば、浄水型ウォーターサーバーの機能やメリット・デメリット、サーバーを選ぶ際の比較ポイント、購入前に知っておきたい注意点を確認できます。

浄水型ウォーターサーバーを導入するか、宅配型ウォーターサーバーを導入するかで迷っているという方は、各タイプのメリット・デメリットを参考にしてみてください。

目次
  1. 浄水型ウォーターサーバーとは|主な3つの機能を紹介
  2. 宅配型のウォーターサーバーとの違い
  3. 浄水型ウォーターサーバーの4つのメリット
  4. 浄水型ウォーターサーバーの5つのデメリット
  5. 浄水型と宅配型のウォーターサーバー、どう選ぶ?
  6. 購入前にチェックしたいポイント
  7. 浄水型ウォーターサーバーに関してよくある5つの質問
  8. 天然水とRO水が飲めるオーケンウォーター
  9. 自分に合ったウォーターサーバーを見つけて、美味しいお水をお得に利用しよう!

浄水型ウォーターサーバーとは|主な3つの機能を紹介

浄水型ウォーターサーバーとは|主な3つの機能を紹介

浄水型ウォーターサーバーは、ご自宅やオフィスの水道管につなげてそのまま使えるウォーターサーバーです。ここでは、浄水型ウォーターサーバーの機能を紹介します。

機能1:水道水をろ過する機能

浄水型ウォーターサーバーには、水道水をろ過するフィルターがついています。このフィルターを通して水道水をろ過することで、水道水に含まれている塩素やトリハロメタンといった物質を除去し、安全で美味しい水を飲めるような仕組みになっているのです。

水道局が策定している水質基準を見ると、水道水の衛生環境を維持するために0.1mg/L以上、0.4mg/L未満の塩素を投入することが義務づけられています。

そのため、水道水の残留塩素や塩素消毒で発生するカルキ臭さが気になる方もいるでしょう。しかし、浄化型ウォーターサーバーなら有害物質や不純物の大半を除去できます。

ただし、水道水をろ過する度にフィルターに不純物がたまっていく仕組みなので、定期的にサーバー内のクリーニングやフィルター交換を行わなければなりません。

引用元
東京都水道局|水質<水質基準・管理・検査等>
東京都水道局|塩素消毒

機能2:冷水・温水機能

浄水型ウォーターサーバーには、温水・冷水機能がついている機種が多いです。自分たちで水道水の水を沸かさなくても、好きなタイミングで冷水やお湯を使えます。お子さまのミルクづくりや料理用水としても大活躍するでしょう。

機能3:チャイルドロック機能

チャイルドロック機能がついている浄水型ウォーターサーバーもあります。小さな子どもが誤って熱湯を出してやけどしてしまわないように、ロックできる機能です。

ボタンを長押しするタイプやボタンを押しながらレバーを操作するタイプなど、さまざまな種類があります。お子さんがやけどするリスクを最小限にしたい方に向いています。

宅配型のウォーターサーバーとの違い

浄水型と宅配型のウォーターサーバーの違いは、ボトル交換が必要かどうかです。

浄水型ウォーターサーバーは水道水をそのまま使うので、ボトルを交換をする必要がありません。その一方で、宅配型ウォーターサーバーは天然水やRO水が配達されるので、ボトルの水がなくなる度にボトルを交換する必要があります。

ボトルの交換の手間をへらすなら浄水型ウォーターサーバー、ミネラル豊富な天然水や純度の高いRO水を飲むなら、宅配型ウォーターサーバーがおすすめです。

浄水型ウォーターサーバーの4つのメリット

浄水型ウォーターサーバーの4つのメリット

浄水型ウォーターサーバーを利用するメリットは以下の4点です。

  • 初期費用とランニングコスト
  • ウォーターボトルの交換がいらない
  • 定額コストで水が飲み放題
  • ゴミが出ない

浄水型ウォーターサーバーのメリットを知って、機種の選択に活かしましょう。

1.初期費用とランニングコスト

浄水型ウォーターサーバーを使う際は、月々のウォーターサーバーのレンタル代や定期メンテナンス代、フィルター交換代などがかかります。ただし、宅配型ウォーターサーバーのように水を購入する必要がなく、水代にかかるコストを削減できるのがメリット。

ウォーターサーバー導入時の本体の配送料やフィルター購入費を加味しても、月々の水代を節約できる浄水型ウォーターサーバーのランニングコストの安さは魅力的です。

とくに水の消費量が多い大家族や社員数が多いオフィスに配置する場合などに、水代がほとんどかからない浄水型ウォーターサーバーはコストの節約に大きく貢献してくれます。

2.ウォーターボトルの交換がいらない

浄水型ウォーターサーバーは水道水を補充するもしくは、水道管に直接つなげるウォーターサーバーなので、宅配型ウォーターサーバーのようにボトルを交換する必要がないのがメリットです。

ウォーターサーバーのボトル交換のたびに、約12Lの水が入ったボトルを持ち上げて交換するのは身体的にかなりの負担がかかります。しかし、浄水型ウォーターサーバーなら水道水を補充するか水道管に直結するだけで水道水を給水できるので、ボトル交換の手間がいりません。

ウォーターボトルの交換を面倒くさく感じている方におすすめです。

3.定額コストで水が飲み放題

浄水型ウォーターサーバーには月々のサーバー代や電気代、定期メンテナンス代といったランニングコストがかかりますが、水は飲み放題です。定額コストでウォーターサーバーの美味しい水を飲みたい方にとって、利用するメリットの大きいといえます。

4.ゴミが出ない

ウォーターボトルをその都度交換しなければならない配送型ウォーターサーバーとは異なり、浄水型ウォーターサーバーは水道水をそのまま利用可能です。ウォーターボトルのゴミが出ないので、ボトルの保管場所に頭を悩ませる心配がありません。

浄水型ウォーターサーバーの5つのデメリット

浄水型ウォーターサーバーの5つのデメリット

浄水型ウォーターサーバーを利用するデメリットは以下の5点です。

  • 水質や味が天然水とは異なる
  • 災害時に備蓄水として使えない
  • 本体を置ける場所が制限される
  • 初期工事が必要になる
  • フィルターの交換が必要

浄水型ウォーターサーバーを使うデメリットや注意点について確認して、自分が本当に浄水型ウォーターサーバーを利用すべきなのかどうかを考えてみましょう。

1.水質や味が天然水とは異なる

浄水型ウォーターサーバーはフィルターで水道水に含まれる有害物質や不純物をろ過できますが、フィルターで除去できる不純物には限度があります。80〜99.9%の除去率をうたっている商品はありますが、不純物を100%除去できる訳ではありません。

また、水道水なので天然水と比較すると風味が落ちます。天然水に含まれているようなミネラル成分もないので、水質・味・ミネラル成分を考えるならデメリットです。

2.災害時に備蓄水として使えない

浄水型ウォーターサーバーは、水道水を補充もしくは、水道管に直結して使用するので、災害時に断水したらウォーターサーバーの水も使えなくなってしまう点がデメリットです。

宅配型ウォーターサーバーを利用していれば、宅配されたウォーターボトルを備蓄水として飲み水や生活用水として有効活用できます。

しかし、浄水型ウォーターサーバーは水道に依存しているので、水道自体が断水してしまえば、ウォーターサーバーの水も使えなくなってしまいます。

災害時に備えて備蓄水を準備しておきたいという考えでウォーターサーバーを導入したいなら、浄水型ウォーターサーバーを導入するのは不向きかもしれません。

3.本体を置ける場所が制限される

水道に直結するタイプの浄水型のウォーターサーバーは、工事をして水道管につなげられる場所にウォーターサーバーを配置しなければなりません。水道管から約10メートル以内であればサーバーを配置できますが、水道管で見栄えが悪くなってしまうなどのデメリットも考えられます。

置きたい場所にウォーターサーバーを配置できない可能性もあるのがデメリットです。

4.初期工事が必要になる

浄水型ウォーターサーバーを使うためには、水道管に専用の分岐器具をとりつけて、サーバー本体につなげる必要があります。水道管の配管や工事の難易度によっては、ある程度の費用がかかってしまうというデメリットも考えられるでしょう。

5.フィルターの交換が必要

浄水型ウォーターサーバーを利用し続けるためには、数ヶ月〜1年単位でサーバー内のフィルターを交換して、必要であれば定期メンテナンスを行わなければなりません。
水道水をろ過した不純物は、フィルターにたまっていく仕組みなので定期的なメンテナンスが必要です。

フィルター交換の頻度は利用するウォーターサーバーの機種やフィルターの性能によります。
フィルター購入費はサーバーレンタル代に含まれている場合も多いですが、フィルターの交換自体は自分で行う必要があり、手間がかかってしまうのがデメリットでしょう。

また浄水型ウォーターサーバーの構造上、蛇口から出る水を浄水しているのではなく、注いだ水道水を一旦フィルターでろ過した後に、冷水タンク・温水タンクそれぞれに蓄えています。

そのため、長期的に使用しない場合には味はもちろんのこと、雑菌等の衛生的リスクもあります。

浄水型と宅配型のウォーターサーバー、どう選ぶ?

浄水型と宅配型のウォーターサーバー、どう選ぶ?

浄水型ウォーターサーバーと宅配型ウォーターサーバー、どちらがおすすめなのでしょうか?

  • コスト
  • メンテナンスの手間
  • 水の品質
  • 見た目

自分に合ったウォーターサーバー選びの参考にしてみてください。

比較ポイント1:コスト

ウォーターサーバーを選ぶ際の重要な基準の一つが導入コストとランニングコストです。業者によって提供しているウォーターサーバーの種類や料金プランは大きく異なります。

ウォーターサーバーのランニングコストには、以下のようなコストがあります。

  • 電気代
  • 水代
  • サーバーレンタル代
  • 定期メンテナンス代

浄水型ウォーターサーバーには水道料金以外の水代がかかりませんが、サーバーレンタル代がかかる機種も多いです。自分が使用する水の量を考えて、どのタイプのウォーターサーバーや料金プランがお得なのかをしっかりと比較検討しましょう。

比較ポイント2:メンテナンスの手間

メンテナンスの手間がどれくらいかかるのかというポイントも非常に重要です。メンテナンスに手間がかかると、長く使っていく上でのハードルになります。

浄水型ウォーターサーバーはフィルター交換や定期メンテナンスの手間がかかってしまいますが、ウォーターボトルを交換しなくても良いのが特徴です。

その一方で、宅配型ウォーターサーバーはボトル交換せずにすみ、クリーン機能がついている機種を選べば、定期メンテナンスもほとんど必要ありません。

メンテナンスの手間ができる限り少ないウォーターサーバーを利用したいなら、宅配型ウォーターサーバーの中から、クリーン機能つきの機種を選んでみましょう。

比較ポイント3:水の品質

ウォーターサーバーを選ぶ際は、利用できる水の種類をチェックしましょう。浄水型ウォーターサーバーは水道水をフィルターでろ過します。天然水やRO水を飲みたいと考えている方は、宅配型ウォーターサーバーで水を宅配してもらう方がいいでしょう。

水道水をろ過しても元が水道水であることには変わりがなく、ミネラル成分を豊富に含む天然水やRO水のような純粋に近い水に突然変化することはありません。

「自分が日常的に飲みたい水は何か」という基準で、ウォーターサーバーのタイプや業者、機種を選んでみてはいかがでしょうか?

比較ポイント4:見た目

ウォーターサーバーには幅広い機種があり、スタイリッシュでおしゃれな見た目のサーバーも数多く存在します。気になっているウォーターサーバーの寸法が大きすぎないか確認して、自分好みのデザインや色合いの機種を選ぶのがおすすめです。

自分が気に入った見た目のウォーターサーバーを選べば、サーバーの存在にストレスを感じることもなく、長い期間にわたって利用できるでしょう。

購入前にチェックしたいポイント

購入前にチェックしたいポイント

ウォーターサーバーで後悔しないためには、自分に合ったサーバー選びが重要です。ここでは、ユーザーごとに購入前に知っておきたいポイントについてご紹介します。

【子どもがいる家庭は宅配型がおすすめ!】

  • ミネラル成分が豊富な天然水で健康や美容効果があるか
  • 水の安全性検査が実施されているか
  • チャイルドロック機能がついているか
  • 赤ちゃんのミルクづくりに役立つ温水機能はついているか
  • ウォーターボトルの水の注文ノルマは妥当か

【大人数でコスパよくお水を飲むなら浄水型がおすすめ!】

  • 大人数でもコスパよく使えるランニングコストか
  • フィルター交換の期限が短くないか
  • オフィスに問題なく配置できる寸法か
  • オフィスのインテリアに合ったデザインか

小さな子どもがいる家庭では、宅配型のウォーターサーバーがおすすめです。安全で美味しい天然水を日々摂取することで、健康や美容面でのメリットが大きいでしょう。

宅配型ウォーターサーバーを選ぶ際は、ミネラル成分が豊富で安全な天然水かどうか、チャイルドトック機能がつきかどうか、温水機能つきかをチェックしましょう。水の消費量に合った水を購入できるように、水の注文ノルマも確認しておくことが大切です。

大人数で利用する予定の方は、ランニングコストやフィルター性能・交換の頻度、配置場所に合った寸法やデザインかどうかというポイントをチェックしましょう。

浄水型ウォーターサーバーに関してよくある5つの質問

浄水型ウォーターサーバーに関してよくある5つの質問

浄水型ウォーターサーバーに関しては、以下のような質問がよく挙げられます。

  • 浄水型ウォーターサーバーはまずいの?
  • 浄水型ウォーターサーバーの不純物の除去率は?
  • 浄水型ウォーターサーバーの卓上タイプもあるの?
  • 浄水型ウォーターサーバーに後悔してしまう理由は?
  • 浄水型ウォーターサーバーの買い切りタイプって?

よくある質問とそれに対する答えを知って、購入前の疑問や不安を解消しましょう。

Q1.浄水型ウォーターサーバーはまずいの?

浄水型ウォーターサーバーがまずい原因として考えられるのは以下の3つです。

  • 天然水ではなく水道水をろ過した浄水だから
  • フィルターの交換をしていないから
  • サーバーを数日間使っていなかったから

浄水型ウォーターサーバーは水道水の浄水を飲むことになります。天然水やRO水と比べると、味やニオイなどに違和感を覚えてまずいと感じてしまうこともあるでしょう。

フィルターの交換を怠っていると浄水性能が落ち、フィルター内部にカビや汚れがたまり、それが水の風味の悪化につながってしまう可能性があります。

またウォーターサーバーを数日間使っていないとカルキを除去した水道水がサーバー内に滞留して、結果として水の鮮度が落ち、水がまずくなってしまう可能性が高いです。

水がマズいと感じたら、まずはフィルター交換や水の入れ替えを行ってみて、それでもマズいと感じるようなら、宅配型ウォーターサーバーへの切り替えも検討しましょう。

Q2.浄水型ウォーターサーバーの不純物の除去率は?

浄水型ウォーターサーバーのフィルターの除去率は商品によります。おおよそ80〜99.9%と性能の差が大きいので、できるだけ除去率の高いフィルターを選びましょう。

Q3.浄水型ウォーターサーバーの卓上タイプもあるの?

浄水型ウォーターサーバーの中には、卓上型のミニタイプもあります。ミニタイプなら置き場所に困ることがなく、利便性も高いでしょう。

Q4.浄水型ウォーターサーバーに後悔してしまう理由は?

浄水型ウォーターサーバーを利用していて後悔してしまう人の特徴は以下のとおりです。

  • 使い方によってはランニングコストが割高
  • ウォーターサーバーが邪魔に感じる
  • 空間のインテリアに合っていない

浄水型ウォーターサーバーは、水代は無料ですがレンタルサーバー代やフィルター購入費などがかかります。元々の水の消費量が少ない家庭だと、ランニングコストの総額を見た時に、浄水型ウォーターサーバーの方が割高に感じてしまうケースもあるようです。

また、ウォーターサーバーの本体が大きくて邪魔に感じたり、サーバーのデザインがお部屋やオフィスに合っておらず、契約したことを後悔してしまう方もいます。

契約する前に全体のランニングコストを概算して、空間に合ったデザインの浄水型ウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。

Q5.浄水型ウォーターサーバーの買い切り型タイプって?

浄水型ウォーターサーバーはサーバーをレンタルして利用することがほとんどです。ただし、一部の業者ではウォーターサーバー本体を買い切ることのできる場所もあります。長く使い続ける予定なら、買い切り型のサーバーを買うのも一つの手段です。

本体価格と将来のフィルター購入費を考慮して、機種を選んでみましょう。

天然水とRO水が飲めるオーケンウォーター

天然水とRO水が飲めるオーケンウォーター

オーケンウォーターのウォーターサーバーなら、富士山麓・大分日田・京都丹波で採水された純度100%の天然水や、超極小孔フィルターでろ過されたRO水が飲めます。

宅配型ウォーターサーバーのみですが、業界最安値水準の月々2,548円〜(RO水の場合)利用でき、初期費用やサーバーレンタル代、配送料はすべて無料です。

サーバーは「Smartプラス」と「スタイリッシュサーバー」の2機種から選択できます。

【Smartプラスの魅力】

  • ボトル下置き型なので、ボトルを持ち上げて交換する必要がない
  • Wクリーン機能でサーバー内のお水の衛生環境をキープできる
  • エコモードで電気代を節約できる(エコモード1日2回使用で月474円)
  • 従来製品比で約30%の騒音をカット。寝室やリビングに置いてもストレスフリー
  • スリムな本体設計になっており、置き場所に困ることが少ない
  • チャイルドロック機能がついているので、子どもが居ても安心
  • ホワイト・ブラック・ウッドカラーの中から好きな色を選べる
Smartウォーターサーバーを使った方からの喜びの声が続々

【スタイリッシュサーバーの特徴】

  • 横幅30センチのスリムな本体で、どこにでも配置しやすい
  • 蛇口が1つでクリーニングの手間がかからない
  • お手軽な卓上タイプも選べる

また期間限定の新規お申し込みキャンペーンも実施中。天然水のウォーターボトル(12L×2本分)と兵庫県丹波市産コシヒカリ2キロ分がプレゼントされます。

お得なキャンペーンについてご興味がある方は特設ページを参考にしてください。

自分に合ったウォーターサーバーを見つけて、美味しいお水をお得に利用しよう!

自分に合ったウォーターサーバーを見つけて、美味しいお水をお得に利用しよう!

この記事では、浄水型ウォーターサーバーの機能やメリット・デメリット、ウォーターサーバーを選ぶ際の基準、購入前にチェックしておきたいポイントを紹介しました。

浄水型ウォーターサーバーを利用するメリットは、水代が固定費で飲み放題である点とウォーターボトルを交換する手間がかからない点です。ただし、フィルター交換や定期メンテナンスの手間に時間がかかる点、初期工事が必要になる点が注意点だといえます。

大人数でウォーターサーバーを利用する場合には、水代が固定費になる浄水型ウォーターサーバーを利用するのがおすすめです。ただし、水質や安全性を考慮するなら、新鮮で安全な天然水やRO水が配達される宅配型のウォーターサーバーを選ぶのがいいでしょう。

ウォーターサーバーを選ぶ際は、導入・運用コストやメンテナンスの手間、水質、サーバー本体の見た目といった点で比較検討するのがおすすめです。

宅配型ウォーターサーバーを導入したいなら、水の美味しさやコスパ、機能性を兼ね備えたオーケンウォーターのウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか?

ライター

O-ken・暮らしと天然水編集部
O-ken・暮らしと天然水編集部

【監修者:近藤宏之】 ウォーターサーバー業界13年。コールセンター部門・法人営業部門・メンテナンス部門の責任者を経て2023年取締役社長に就任。業界13年の知見と経験を元に、お客様に役立つ情報を分かりやすく発信しています。 安全で安心、鮮度の高い美味しい天然水をお届けするオーケンウォーターの宅配水。 暮らしと天然水編集部では、お客様にウォーターサーバーのある便利な暮らしや、天然水の活用方法、知っておきたい豆知識などをわかりやすく発信していきます。 ウォーターサーバーでお悩み・お困りの時は、お気軽にお問合せ下さい。

月3,000円台で実現する天然水ウォーターサーバーの「オーケンウォーター」

オシャレなウォーターサーバーがレンタル無料!費用は天然水の料金だけ!新鮮で美味しい天然水をお届けします。

新規お申込みキャンペーン